多くの人が利用できるWEBサービス

WEBサービスとクラウドファンディング

多くの人が利用できるWEBサービス インターネットのWEBサービスで画期的だと考えたのが、クラウドファンディングです。これは、インターネット上で資金を集めて、商品を作ったり、投資をしたり、寄付を集めたりするサービスです。このメリットは、多くの人たちから薄く広くお金を集めることができるというところになります。例えば、良い商品があっても、それを販売できるようにするためには、多額の費用やルートが必要になります。今まではその資金やルートがある企業などに協力をしてもらわないと販売できませんでした。

そうなると企業の方も儲かるかどうかで決めます。いくら良い商品でも儲かるかどうかわからなければ、出資できません。しかし、クラウドファンディングの場合には、浅く広く出資者を募ることができるので、失敗した時の損害も非常に少なくできます。また、それらの出資者が顧客になるので、販売個数も予想できます。そのほかいろいろなメリットのあるシステムが利用できます。

また、物を作るということだけではなく、投資ということで、出資者を募ることもできます。投資内容を吟味して出資し、その投資の成果を得ることができるという方法です。また、寄付ということでも浅く広く集めることができるというメリットを活かせます。それらを見ても非常にメリットの多いサービスであることがわかります。